村上直子さんのところへ買い付けに

 

奥田章さんのところの次は村上直子さんのところへ。

 

と、その前に少し休憩して頭をリフレッシュ。

村上直子さんのお店近くにある「TORASARU COFFEE」へ。

 

 

チーズケーキの種類がたくさんあって、珈琲も美味しくてまた寄りたいお店でした。

そしてやっと村上さんのところへ到着です。

 

 

村上さんと話をしながら選ぶ時間、楽しいひと時でしたー。

素敵なモノが沢山。新作も作ってらっしゃいました。

 

 

5月GWには信楽作家市が開催予定です。

軒並みイベントが自粛されるなか、まだどうなるかわかりませんが、楽しみなイベントです。

 

 

 

奥田章さんのところへ買い付けに

信楽に器の買い付けに行ってきました。

まずは奥田章さんの文五郎窯へ。

敷地内に作られた「文五郎倉庫」というギャラリースペースがあって、そこに展示されている器を見せていただいて選んでいきます。

買い付けの間、作陶中の奥田さんの手を止めることになるので、なんとなく焦ります(笑)

なので、事前に何を買い付けようか、ある程度は考えていくのですが、たくさんある器を見ると考えが吹っ飛んでしまうんですよね。

他の器屋さんはどうしているんだろ。そして、どのくらいの時間かけて選んでるのか?

そんなこんなしながら、選んできました。

鏡に映る奥田さんと店主

作業中はいつもジャージの奥田さんです

 

そしてこの後は、昼食食べて

村上直子さんのところへGO!

 

今年の「むすびの市」について

 

カタルテ店舗がある桃ヶ池長屋で不定期開催する「むすびの市」。

とはいえ、だいたい4月前後開催していたむすびの市(写真は過去のむすびの市のもの)。

 

今年も4月に日程を決め、出店者さんに呼びかけ、チラシの準備等など、準備を進めていましたが

世間は新型コロナウィルスによる不安や影響が日に日に大きくなってきました。

 

主催者側の店主でいろいろなことを何度も相談した結果、4月の開催は見送ることにしました。

こんな時だからこそ元気がでるイベントをしたかったのですが、人が集まることに不安を抱かれる方もいますし、

私たちもやるからには沢山のお客様にきていただきたい、そのジレンマ。

結局、店側もお客様側も心底楽しめる時にイベントは開催しよう、という考えにいたりました。

 

正式な告知はまだしていなかったものの、ご来店いただいたお客様の一部にはイベントをすることをお話していました。

「そろそろむすびの市かな」と楽しみにしていただいていたお客様、参加する予定になっていた出店者のみなさん、

皆でワイワイ笑って食べて、素敵なものに出会える市になるよう、また企画しますので、その時をお楽しみに!

 

 

 

喜多村朋太さんの縁あり平皿と、福地眞一さんのモールそばちょこ

 

差し入れのサンドウィッチ

せっかくなので、

冷蔵庫にあったヨーグルトをガラスのカップに入れて、

テンションあげていただきました

 

 

太陽様様

 

寒い長屋の冬

午前中に差し込む太陽の暖かさが身にしみます

エモンさんは日なたをウロウロ~ウロウロ~

 

 

市野勝磯さんの窯元へ

 

年末に兵庫県立杭にある「陶勝窯」へ行ってきました。

カタルテopen当初からお付き合いのある市野勝磯さんの窯元です。

作風に幅のある市野さんの器から、カタルテはいつも色味を抑えた渋めのものをお願いしています。

何種類かカタルテ用にデザインの打ち合わせをして作っていただくものを打ち合わせ。

こんな風に対応していただけて、市野さんに感謝せねば!です。

 

 

市野さんのカップで珈琲もいただいて。

ソーサーにしている平皿が店主のツボでした。

 

焼きあがりが楽しみです。

 

 

名前は知らないけれど

名前はしらないけれど、木の実?

村上さんの器にとっても合うな~

2020年も宜しくお願い申し上げます

あけましておめでとうございます

 

今年もカタルテ、看板猫エモンともども宜しくお願い致します

 

 

 

 

 

 

So-Ra、カタルテにゆく

いつも素敵な企画展示をされているギャラリーSo-Raさんがカタルテにやってきます。

So-Raさんの男店主、はちさんはカメラマンもされていて、エモンさんをパシャリ☆

12/14(土)15(日)12:00~18:00

「So-Ra、カタルテにゆく」

小川製作室:タティングレースのアクセサリー

とmoえ:切り貼り絵、作品オーダー会

okazari:真鍮アクセサリー

So-Ra、カタルテにゆく

カタルテの常設の器と、大武幸子さんのガラスのアクセサリーとともにお楽しみください

とりもと硝子店さん

 

ご夫婦でガラス作品をつくられている「とりもと硝子店」さんの「種入れ」。

何を入れようか、ワクワクさせてくれます。