白井隆仁さんの動物シリーズ

 

白井隆仁さんの作品がいろいろ入荷しています。

オンラインにはこれからUPしていきます。

 

12/18/19「旅する靴屋orike 靴の受注会」

カタルテは器屋ですが、ご縁ができた靴職人のorikeさんの受注会を開催することになりました。

通常通り、器の営業もしていますので、器と靴の両方楽しめる2日間です。

岡山県牛窓を拠点に、全国各地をまわっているorikeさん。

革靴にサンダル、スリッパにビーサン。デザインはいろいろ。

おひとりおひとりの足の採寸をして、ぴったりの靴を作ってくれますよ。

お話好きのorikeさん。

注文関係なしにお喋りしに来てもらってOKとのこと。

レザーのこと、靴作りのこと、岡山での暮らしのこと、まずはorikeさんに会いに来てくださいね。

ピアスやブローチなどの革小物もやってきますよ。

……………………………………………………………………

12/18(日)19(月)

12:00〜17:00

『旅する靴屋orike 受注会』

……………………………………………………………………

11/25・26は「むすびの市」開催

 

11/25(金)26(土)は「むすびの市」というイベントを開催します。

カタルテのお店がある長屋全体で行うマーケットです。

2012年から始めたこのイベント。今年で10年になります!

カタルテの店内には、今回は鍛金の作家さんやタペストリーの作り手さん、硝子作家さんをお呼びしますよ。

出店者紹介など詳細は桃ヶ池長屋のインスタグラム・フェイスブックで投稿しています。


桃ヶ池長屋むすびの市

11/25(金)26(土)

11:00〜16:00

場所はカタルテがある桃ヶ池長屋

大阪市阿倍野区桃ヶ池町2-11-17


大武幸子さんのピアス

大武幸子さんのガラスのピアス

「Turara」

アシンメトリーなデザインで

ゆらゆらと揺れて綺麗です

 

長谷川美穂さんの器

久しぶりに長谷川美穂さんの器を納品しています。

友達に手伝ってもらいながらの値付け作業。

 

ミモザを種から育てる その③

前回から投稿があいてしまいましたー!

ミモザのその後はと言いますと、芽を伸ばしてくれました。

数があるので、卵のパックを使って栽培。

その後は小さな植木鉢に植え替えて育てています。

ミモザを種から育てる その②

ミモザの種は発芽率が低く、ただ土に撒くだけでは芽が出にくいそうです。

ネットでいろいろ調べた結果、紙やすりで、種を少し削る方法をやってみました!

小さいので、つまんで擦るのが難しい〜。

種の端だけ、黒い殻を削って中の白い種子?部分が見えるくらいに。

あとはそれを、水に浸したキッチンペーパーの上で水栽培。

すると、2〜3日で根と芽が伸びてきました。やった!

ミモザを種から育てる その①

お店の玄関にあるシンボルツリーのミモザ

2年ほど前から花の後に鞘ができて種が取れるように。

花の後は来年の為に剪定をするのですが、種を取りたくて数本の枝は長いまま置いておきました。

緑色だった鞘が茶色く乾燥状態になってきたので採取。

鞘をめくると、黒い小さな種が。大きな胡麻のような。

ご長寿さん

店主の母に抱っこされるエモンさん。

もうすぐ19歳のご長寿猫です。

目指せ25歳!!

古谷浩一さんの「リーフゆのみ」

側面の細かな削りが、葉っぱのような。

粉引の柔らかな白と丸い形が愛らしい。

手になじむ使い勝手の良い湯呑みです。