カテゴリー別アーカイブ: カタルテのお店

実店舗営業の再開

新型コロナの影響で、4月以降実店舗営業をお休みしていましたが7月から再開します。

7/11(土)12(日)13(月)

22(水)23(木・祝)24(金・祝)

12:00~17:00

看板猫エモンさんとお待ちしております。

4月からの実店舗営業について

実店舗営業を4月から見合わせることにしました。

ネットショップは通常通り運営しております。

混み合うお店ではありませんが、時間帯によっては不特定のお客様同士の接触がどうしてもおこります。

万が一のことを想像して、一番いいのは営業を見合わせることだと思いました。

その分、ネットショップとSNSで器を紹介していきます。

いつものんびりペースですが、がんばって沢山UPしますね!

投稿写真で気になるものがありましたら、お問い合わせください。

お店でお客様と話をしたり、器を楽しそうに選ぶお客様の顔を見るのが店主のエネルギー減です。

しばし、お顔は見えませんが、投稿する写真にワクワクしてもらえたり、楽しみにしていただけたら嬉しいです。

また、ネットショップでお買い物を楽しんでいただけたら幸いです。

一刻も早い終息を願って、今自分にできることをやっていこうと思います。

 

 

小さな灯りを

ガラスのランプシェードが売れたので、

次は陶製のランプシェードをつけました

小さくてもその空間を印象づけてくれる大事なアイテム

 

雨続き

しばらく雨続きのお天気

看板猫エモンさんはガラス戸越しに外を眺めています。

こんな雨降りの平日でもカタルテを目指して来てくださるお客様が何組かあり、

本当に嬉しい限りです。ありがとうございます。

こういう時、

「来て良かった」「また見に来よう」

そう思ってもらえたのか

いつもドキドキ不安です。

なので2回目の来店が一番嬉しい出来事かも。

小さなお店ですが、コツコツと

続けていきたいと思います。

 

 

平日の営業日

月に数日の実店舗営業日。

以前は土日が多かったのですが、最近は平日の営業日もあります。

仕事によってお休みの日はいろいろなので、全曜日の営業日を作ったら皆さんにきていただけるかな、と。

今日はそんな思いが通じて、

「火曜日じゃないと来れないんです」というお客様や、ご近所でカフェをしていて今日が定休日のオーナーさん等、ご来店いただきました。

ありがとうございます。

あいかわらずの数日不定期営業ですが、ご自身のお休みと合う日を見つけて、「お、ラッキー!」と来ていただけたら嬉しいですね。

 

 

2019年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

小さな器屋ですが、今年もどうぞカタルテをどうぞ宜しくお願いいたします。

店主の目標は、自力で作家さんのところに買い付けにいけるよう車の運転ができるようになる!これです。

何年も前から言ってるのですが、今年こそはペーパーを卒業したい。。。

そして、

看板猫エモンさんは、目指せ20歳超えを目標に健康に気をつけながらもご飯を美味しく食べる。

これですね。

 

長屋あるある

カタルテのお店は4軒長屋の中のひとつにあります。

長屋とは、壁を共有した建物なので、この壁の向こう側は隣のお店。

けっこう古い長屋なので建築基準が今とは違うし、壁もうすい。

今日はお隣で音楽ライブをしているので、壁を通して楽器の音色と歌声が聴こえてきます。

まぁまぁ曲を楽しめるレベルで聴こえてくる。ある意味特等席です。

お気に入りのスリッパ

IMG_0601

カタルテの店内の一部は、靴を脱いで上がってもらうスペースがあります。

靴の脱ぎ履きが面倒なので、レザースリッポンを準備していますのでご利用くださいね。

この本に載っているらしいのです

IMG_5648先日の営業日。 「この本を読んで」、と、学生さん2人がやってきました。

長屋をリノベーションし、お店として活用した事例として、カタルテがある長屋「桃ヶ池長屋」や「カタルテ」の名前が載っているらしい。

本人知らないうちに載るんですねぇ。

載せてもらうのは全然OKなんですけど、本人知らないもんで、最初は「なんのことですか?」みたいな反応しかできず(笑)

でもわざわざ見に来てくれて、嬉しいですね。

  勉強になるような偉いことは言えないけど、少しお話をさせていただいて、楽しい時間でした。

うれしいお客様

IMG_2910昨日は広島からお客様がいらっしゃいました。

大阪に来る時にはカタルテに寄ろうと思ってた、とのこと。ありがとうございます。

月4日程しかオープンしていないので、大阪に来られる日と営業日が合致して良かった!

お客様の行きたい店リストにカタルテを入れてもらえるって嬉しいです。

来た甲斐があったと思っていただけたかな。いつもそれを考えるとドキドキです。